キャッシングの本人確認とは

キャッシングをする時に、どんな消費者金融でも本人確認が必要となります。
本人確認のために提示するものとして、一番多いのが運転免許証です。

どんなものでも契約と名前の付くものには、提出しなければいけない本人確認書類ですが、提示する時は何も問題がなくて良いでしょうが、ネットなどからキャッシングの申し込みの時には誰もが困るのです。

運転免許証を持っていないという人は、保険証や、パスポートなどでも本人確認書類として認めてもらえるので安心です。

でも、ネットからのキャッシング申込みは、今は即日で融資出来るところが増えています。
ですから、コピーを郵送で送っていては、即日融資が通りません。

ネット審査で一番簡単な方法が、本人確認書類や、収入証明書類などの必要とされる書類すべてを、携帯電話のカメラやスキャナなどから画像にして、指定された消費者金融のメールアドレスに送れるようになっているのです。

ネットでも申込みでも、きちんと必要書類が送ることが可能なので、簡単申込み方法として人気となっています。

キャッシングを即日でしたいなら、本人確認の添付がすぐに必要となってくるので、速やかに行い審査を通しましょう。