キャッシング限度額について

急な出費で手元にお金がない時、キャッシングサービスはとても心強いものです。最近はスピード審査で即日融資が可能であると宣伝している所も多く見かけます。宣伝に500万円まで融資などと書かれていますが、本当にそんなに貸してくれるのか疑問に思う人もいるでしょう。

融資限度額というのは最大融資額のことで、全ての人がこれだけ借りられるわけではありません。個人によって限度額というものが設定されます。

融資限度額と深く関係するのが総量規制という法律です。貸金業法では個人の年収の1/3までしか貸し付けをしてはいけないと決まっています。ただし対象外もあり身近なところでは住宅ローンや車のローンなどがこの対象外となります。そしてこの貸金業法の規制を受けないのが銀行系のキャッシングであることも、覚えておくべきでしょう。銀行系の場合は貸金業ではないので、独自に審査基準というものがあります。

限度額は会社によって異なりますが、消費者金融の場合は200万~300万円くらい銀行系は500万円くらいが多く、中にはもっと高い金額を提示しているところもあります。とは言っても結局は個人の貸し付け限度額は別に設定されることになります。申込みをして審査の中で決まるわけです。人物の社会的、経済的なところがポイントです。融資する側は返済能力をまず見るということです。安定した収入がどれくらいあるか、他の金融機関で借入があるのか、他のところで延滞などをした経歴があるかなど信用情報機関が管理する情報によって審査されます。

最初に申し込んだ時に設定される限度額以上に借りたいと言う場合は、増額の申込みができます。総量規制対象外として緊急の医療費や社会通念上緊急性があるとされるものに支払うための貸し付けが決められており、内容に応じて判断されます。逆に返済に問題がある場合には、減額もあるので注意が必要です。

収入のない主婦でも利用できるキャッシングとは?

たとえ専業主婦だったとしても、急にお金が必要になった時にキャッシングが利用できれば・・と思うことがあると思います。

法律の改正により主婦のキャッシングはできなくなったのでなんの手だてもないと思っている人も多いかもしれませんが、収入の全くない専業主婦でもキャッシングが利用できる場合があります。

そのための一番大切な条件は、配偶者に安定した収入があるという事です。自分に収入がなかったとしても、配偶者である夫がきちんと勤めていて安定した収入があればキャッシングを利用できる場合があります。

それは銀行ローンです。

以前おこなわれた、キャッシングに関する法律の改正は貸金業者を対象にしたものですので銀行のローンは関係ないのですね。

大手の都市銀行やネット銀行などでもカードローンなどがありますので条件に応じて調べてみてくださいね。

総量規制対象外の借入れって

以前は銀行・消費者金融双方とも「審査を通過する事さえできれば」基本的には誰でも・いくらでも利用する事が出来ました。しかし、現在は『総量規制』の影響によってどうしても借り入れができない状況に陥ってしまう可能性があります。

しかし、全ての銀行・消費者金融が総量規制の影響を受けているのかと言うとそうではありません。むしろ、現状見聞きしている大手の消費者金融などは、その多くが総量規制対象外となっています。

総量規制の影響を受ける範囲は「貸金業法」の下で管轄されている貸金業者に限定されます。その為、銀行法で管轄されている銀行や銀行が母体となって運営している消費者金融(銀行系消費者金融)では総量規制の影響を受けることなく貸し付け・借り入れを行う事が出来ます。

年収に自信が無くとも審査次第では借り入れを行う事が可能です。また、年収に対する制限が無い為、例えばおまとめローンなどの高額融資を希望するという場合においても非常におすすめとなります。

審査申し込みする前に押さえておく点

消費者金融で借り入れをしてしまうと、自宅を建てたり車のローンを組む場合、ローンが組めなくなると思い込んでいる方めおいますが、借り入れをしても期日を守り返済していれば。、問題になることはありません。

ですが、消費者金融で借りるために審査申し込みをしても、誰しもが通るとは限りません。ではどのような審査基準があるのでしょうか?

●消費者金融の基本的な審査基準

・収入や住居・勤続年数などの属性を重視

消費者金融は銀行などの審査に比べ、短時間で審査を完了させる都合上、担保などを求められることはありません。

クレジットカードなどの信販系の会社では、3Cと呼ばれる信用度を判断する考え方に基づき審査をしていますが、消費者金融は「借りる本人からきちんと回収できるかどうか」を一番重要視しますので、勤続年数が長く定期的な収入があったり、住居年数が長いなどの基準の他に、暴力団(ヤクザ)や右翼などに加担していないかどうか、弁護士や医師などのいわゆる士業などの職業ではないかなどがチェックされます。

・携帯電話の未払いで審査落ちする可能性も

きちんとした収入はあるはずなのに、携帯電話の支払いが遅れて不通状態になっている場合、審査落ちする可能性は限りなく高くなります。

現在誰しも1台は携帯を持っている時代ですが、自宅に固定電話が無い人も多い中、携帯電話は消費者金融と借りたい人との唯一のライフラインですので、携帯がつながらない人は審査落ちします。

現在携帯電話もローンで買う時代ですが、携帯電話のローン返済はクレジットや消費者金融のカード返済の延滞と同じと考えられてしまう場合があり、審査をする際、どの金融業界でも利用する「信用情報機関」へ延滞記録が残っていますので、どんなに隠したとしても、収入があったとしても、審査落ちしてしまう場合があります。

他にも、住所不定や家出人、勤めていたとしても最近欠勤が多くなっている場合には、審査落ちします。

消費者金融は、まず第一に借りても返済できるかどうか一番の審査基準ですので、逆を言えば、普通に生活している人なら誰しも審査に通過できます。

まずは最初に大手の消費者金融へ審査申し込みをした後、審査落ちをした後は、その下の中堅消費者金融会社へ申し込みをすれば、審査には合格できるでしょう。

キャッシングの本人確認の手段

キャッシングで大事なのが自分についての証明です。

キャッシングといえど、借金なわけですから金融機関側としては貸し出す人についてはできる限り詳細な情報を手に入れておき、常になんらかの手段で連絡が取れる状態においておきたいというわけです。そんな中で必要となるのが本人確認書類です。

様々な生活の場面で必要となる本人確認書類ですが、必要となる水準は結構高いものです。

クレジットカードを作ったことのある人は同じような水準といえばわかってもらえるでしょう。
写真付きの身分確認書類、例えば運転免許証やパスポートならば間違いはありません。

保険証なども特に問題なく受け入れられるでしょう。
ただし一点問題となるのが住所についての記載です。

これなしでは住所が申請通りか確認する手段がありませんので、他の手段での証明が求められます。
例えば公共料金、電気ガス水道代金の請求証などが証明手段となります。

あなたがその住所にいることというのが証明されなくては貸し出しに応じてもらえないのです。
もちろん運転免許証なんかも引越しで住所が変わっているのにも関わらず裏書きなどで変更が明記されていない場合は証明書類としては不十分です。

この場合も公共料金の請求証などを同時に提出して証明に利用しなくてはなりません。

金融関係の証明はいつも厳密に行われますが、本人確認の場合は当人の住所と個人情報を結びつけるものとされるので、間違いなく用意できなくてはなりません。

無人契約機でお金を借りる

キャッシングの本人確認とは

キャッシングをする時に、どんな消費者金融でも本人確認が必要となります。
本人確認のために提示するものとして、一番多いのが運転免許証です。

どんなものでも契約と名前の付くものには、提出しなければいけない本人確認書類ですが、提示する時は何も問題がなくて良いでしょうが、ネットなどからキャッシングの申し込みの時には誰もが困るのです。

運転免許証を持っていないという人は、保険証や、パスポートなどでも本人確認書類として認めてもらえるので安心です。

でも、ネットからのキャッシング申込みは、今は即日で融資出来るところが増えています。
ですから、コピーを郵送で送っていては、即日融資が通りません。

ネット審査で一番簡単な方法が、本人確認書類や、収入証明書類などの必要とされる書類すべてを、携帯電話のカメラやスキャナなどから画像にして、指定された消費者金融のメールアドレスに送れるようになっているのです。

ネットでも申込みでも、きちんと必要書類が送ることが可能なので、簡単申込み方法として人気となっています。

キャッシングを即日でしたいなら、本人確認の添付がすぐに必要となってくるので、速やかに行い審査を通しましょう。