楽天銀行スーパーローンはパートやアルバイトでも申し込み可能

銀行のカードローンは総量規制対象外のカードローンでもあるので、年収による借入額の制限もありませんし、金利も消費者金融のカードローンと比べて低く設定されていることが殆どで非常に使いやすいカードローンとなっています。

その一方で銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンと比べると申込の際の手続きが煩雑であったり、申込の条件が厳しかったりするので消費者金融のカードローンよりも気軽に申し込みができないという側面があるのもまた事実です。

しかし大手ネット銀行の楽天銀行のカードローンである楽天銀行スーパーローンなら、銀行のカードローンのメリットと消費者金融のカードローンのメリットの両方のメリットを合わせて持っているので、多くの人におすすめできるカードローンとなっています。

楽天銀行スーパーローンは、ネット銀行の強みを活かした商品設計で、金利は年4.9%?14.5%と低く抑えられていますし、最大限度額は500万円と高めに設定されています。また正社員ではないパートやアルバイトでも申し込みが可能となっているので、多くの人が申込の対象となっているのです。

もちろんインターネットでの契約手続きができるので、忙しくて銀行の窓口へいけない人でも気軽に申し込みができます。

失業保険の収入ではキャッシングの審査に通らない可能性が高い理由

キャッシングを利用するには、安定した収入が欠かせません。しかし、仕事をしていなくても収入ウがある場合もあります。それは失業保険の給付です。期間限定のものですが、一応収入があり、その期間は安定していると言えるのではないでしょうか?

仕事をしていなくても、失業保険を受け取っていればキャッシングの審査に通ると思っている方もいるのかもしれませんが、現実的にはまず無理だと思った方が良いでしょう。それは失業保険は期間が決まっていることもあれば、収入自体が少ないということも理由としてあるはずです。失業保険は長くても1年とかですから、いずれ収入が途絶えることが目に見えている人に貸すのはリスクがあるということです。その間に仕事が見つかれば良いですけど、必ずそうなるとは限りません。

また、給付される金額が少ないです。生活を保証するためものとしての性質があるので、生活費に使って残る金額は少ないはずですから、返済に使えるお金がほとんどないのでは?という予測も立ちます。そういった理由から、基本的にはキャッシングにおいて失業保険は収入とは見なしてくれない可能性が高いので、審査に通る会社はほとんどないというのが現状だと思います。

返済で大切なこと

私は毎月キャッシングで借りているお金を返済しています。

ある先日の事、口座に入金するのを忘れてしまい、キャッシング会社の方から連絡がありました。もちろん口座に入金していないので、借りているお金の返済についての確認の内容でした。私も返すお金がなく、支払っていないというわけではないので、そのことを説明しました。

約束通りすぐに返済しない私が悪いのですが、返済が遅れたことは確かなので、遅延損害金を払いました。

友達などからお金を借りる場合などの気を付けておきたい点としては、返す期限をはっきりと決めて伝えることが最も大切で絶対条件だと思います。返せなかったことで、いつまでも借りたお金を返さないと友達から信じてもらえなくなります。私が友達にお金を貸す場合はいつも友達にお金をあげるつもりで貸しています。なので友達からお金が返されたときは「戻ってきてラッキー!」と思います。

借金は全額をそろえて約束の期日までに返すという意識が大切になります。なので遅延損害金を請求してきたキャッシング会社には感謝しなければと思います。普通は信用を失い、そこで終わる。という一番最低の所で終わってしまうからです。

お金を借りるときは、もちろん絶対期限に返すということが第一条件ですが、長期間などの場合は低金利から無理のない自分も相手にも良い条件で借りるのがよいと思います。

キャッシングの限度額の設定のコツ

キャッシング会社でお金を借りるときに、必ずネックになるのが「限度額」です。

利用するときにはお金を工面するために必死ですからあまり気にならないものですが、

しばらくすると、すぐに限度額に達してしまって困るという声が結構上がります。

それは、一方でキャッシングが利用しやすいということの表れでもあります。

特に最近キャッシングを始めた若い人の場合には融資限度額が10万円程度ですから、

すぐに限度額がいっぱいになってしまうことでしょう。そんな時には複数の会社をかけもちして使うのが一般的です。

しかし、それでは返済をするときにそれぞれの会社の返済日を計算しておいたり、毎月どれくらいの額を銀行に置いておけば良いかを忘れてしまったりと、意外に面倒です。

なので、収入が上がってきたら、キャッシング会社は1社だけに絞って限度額を高く設定するように会社側へ申請すると良いでしょう。

また、キャッシングを使いすぎるのが心配という方もいらっしゃると思います。そういう場合にはあえて10万円の限度額に設定しておいて、そのなかでお金を借りるという風に限度額を逆手にとって利用するという方法もあります。

利便性と自分のライフスタイルに合わせて限度額を設定することによって、今まで以上にキャッシングの使い道が広がっていきます。

限度額を増やす場合には、多くのキャッシング会社ではホームページでワンクリックで申し込みができるようになっています。

審査はありますが、申し込みのときのような厳しいものではありませんので安心です。

キャッシング借り換えによる一本化は余裕があるうちに

何らかの理由で複数の業者からキャッシングをしている人もいるかもしれません。こういう場合、どこかに一本化してしまう方法があります。総量規制の対象外である銀行系でこうした一本化ローンを取り扱っているところもあります。

キャッシング借り換えによる一本化のメリットは、返済が月1回になるため精神的に余裕ができることです。例えば3社から借りている場合は返済が月3回ですから、より計画的に返済することができます。この場合、一本化するならより金利の安いところにすべきでしょう。支払い回数の減少に加えて、最終的な支払総額も減らすことができるからです。

気を付けてほしいのは、キャッシング借り換えによる一本化は、まだ返済に余裕があるうちに行うべきだということです。返済に余裕がなくなれば最悪の場合、滞納などの金融事故を起こしていわゆる「ブラック」になってしまう可能性があります。そうなれば審査は非常に厳しくなりますから、借り換えどころではなくなってしまいます。また、余裕がなくなれば冷静な判断を下せませんので、結果として利率が低くないところで一本化してしまうという失敗をしてしまう可能性もあります。

キャッシング借り換えのタイミングは「より低い金利に一本化できるなら、余裕のあるうちに行う」のがいいようです。

キャッシングの審査基準について

キャッシング利用の際の審査基準というものはどのようになっているのでしょうか?

他から借り入れもないのに、審査が通らなかったり、いくつも借り入れがあるのに借りられたという話も聞きます。
審査が通らない時には、どこが悪かったのか、なぜ通らないのか、どこを直せばよいのか、教えてくれたらよいと思うのは私だけでしょうか?

アコムで審査が通らず、ダメもとで近くのプロミスにそのまま直行すると、すんなりOKでした。アコムの審査が難しいのか、プロミスが緩いのかよくわかりませんが、同じことを言ったのに、なぜ、アコムの審査が通らなかったのかと腑に落ちないのです。

審査基準や落ちた理由を明確に提示してくれれば、納得もできるし、改善もできるのにと、残念な気持ちでいっぱいです。

即日で借り入れすることもできるキャッシング

キャッシングとは、消費者金融などの金融機関による小口の貸金サービスです。

住宅ローンや自動車ローンと異なり、用途に制限がなく、何に使っても自由というところがメリットです。
住宅ローンや自動車ローンの場合、借りたお金は基本的に住宅や自動車の購入にしか使うことができないシステムになっています。

しかしキャッシングの場合は、商品の購入にはもちろん、旅行や公共料金の支払いなどにも、自由に使うことができるのです。

また、審査にかかる日数が短いところも、キャッシングのメリットのひとつです。
早ければ即日で審査結果が出て、審査に通っていれば、その日のうちに借り入れができます。

また、消費者金融の中には、申し込んだその場で審査結果を出し、すぐに融資をしてくれるところもあります。

自由に使えるお金をスピーディに手にすることができるため、キャッシングは多くの人に利用されています。急いでお金を用意したい人からは、特に高い人気があります。

キャッシング限度額について

急な出費で手元にお金がない時、キャッシングサービスはとても心強いものです。最近はスピード審査で即日融資が可能であると宣伝している所も多く見かけます。宣伝に500万円まで融資などと書かれていますが、本当にそんなに貸してくれるのか疑問に思う人もいるでしょう。

融資限度額というのは最大融資額のことで、全ての人がこれだけ借りられるわけではありません。個人によって限度額というものが設定されます。

融資限度額と深く関係するのが総量規制という法律です。貸金業法では個人の年収の1/3までしか貸し付けをしてはいけないと決まっています。ただし対象外もあり身近なところでは住宅ローンや車のローンなどがこの対象外となります。そしてこの貸金業法の規制を受けないのが銀行系のキャッシングであることも、覚えておくべきでしょう。銀行系の場合は貸金業ではないので、独自に審査基準というものがあります。

限度額は会社によって異なりますが、消費者金融の場合は200万~300万円くらい銀行系は500万円くらいが多く、中にはもっと高い金額を提示しているところもあります。とは言っても結局は個人の貸し付け限度額は別に設定されることになります。申込みをして審査の中で決まるわけです。人物の社会的、経済的なところがポイントです。融資する側は返済能力をまず見るということです。安定した収入がどれくらいあるか、他の金融機関で借入があるのか、他のところで延滞などをした経歴があるかなど信用情報機関が管理する情報によって審査されます。

最初に申し込んだ時に設定される限度額以上に借りたいと言う場合は、増額の申込みができます。総量規制対象外として緊急の医療費や社会通念上緊急性があるとされるものに支払うための貸し付けが決められており、内容に応じて判断されます。逆に返済に問題がある場合には、減額もあるので注意が必要です。

収入のない主婦でも利用できるキャッシングとは?

たとえ専業主婦だったとしても、急にお金が必要になった時にキャッシングが利用できれば・・と思うことがあると思います。

法律の改正により主婦のキャッシングはできなくなったのでなんの手だてもないと思っている人も多いかもしれませんが、収入の全くない専業主婦でもキャッシングが利用できる場合があります。

そのための一番大切な条件は、配偶者に安定した収入があるという事です。自分に収入がなかったとしても、配偶者である夫がきちんと勤めていて安定した収入があればキャッシングを利用できる場合があります。

それは銀行ローンです。

以前おこなわれた、キャッシングに関する法律の改正は貸金業者を対象にしたものですので銀行のローンは関係ないのですね。

大手の都市銀行やネット銀行などでもカードローンなどがありますので条件に応じて調べてみてくださいね。

総量規制対象外の借入れって

以前は銀行・消費者金融双方とも「審査を通過する事さえできれば」基本的には誰でも・いくらでも利用する事が出来ました。しかし、現在は『総量規制』の影響によってどうしても借り入れができない状況に陥ってしまう可能性があります。

しかし、全ての銀行・消費者金融が総量規制の影響を受けているのかと言うとそうではありません。むしろ、現状見聞きしている大手の消費者金融などは、その多くが総量規制対象外となっています。

総量規制の影響を受ける範囲は「貸金業法」の下で管轄されている貸金業者に限定されます。その為、銀行法で管轄されている銀行や銀行が母体となって運営している消費者金融(銀行系消費者金融)では総量規制の影響を受けることなく貸し付け・借り入れを行う事が出来ます。

年収に自信が無くとも審査次第では借り入れを行う事が可能です。また、年収に対する制限が無い為、例えばおまとめローンなどの高額融資を希望するという場合においても非常におすすめとなります。