複数の消費者金融から借り入れをした時に返済しやすくする2つの対策

複数の消費者金融から借り入れでしまうとそれぞれで金利が発生してしまうので返済総額が大幅に増えてしまいます。また借入総額がいくらあるのか分からなくなってしまう事も多いので返済しにくい状態になってしまいます。それで返済が困難になり債務整理をしなければいけない状況になってしまう可能性もあります。そこで複数の消費者金融から借り入れをした時にどのような対策をすればいいのか見ていく事にしましょう。

・パソコンやスマホに借入総額をメモしておく

複数の消費者金融から借り入れをしている時に借入総額が分からなくなってしまうと何度も借りてしまう事もあります。対策していくには常に借入総額がいくらあるのかを把握しておく事が大切になってきます。借入総額をパソコンやスマホにメモをして常に分かるような状態にしておくといいでしょう。

・おまとめローンを利用する

複数の消費者金融から借り入れをしている時は返済しにくい環境になっているので改善していく必要があります。返済しやすくしていくには借入総額を一つにまとめてしまうと効果的です。現在銀行や消費者金融ではおまとめローンのサービスを提供していて複数の消費者金融からの借り入れを一つにまとめてしまう事が出来ます。それで返済しやすい状態になるのでスムーズに完済する事が出来ます。

返済で大切なこと

私は毎月キャッシングで借りているお金を返済しています。

ある先日の事、口座に入金するのを忘れてしまい、キャッシング会社の方から連絡がありました。もちろん口座に入金していないので、借りているお金の返済についての確認の内容でした。私も返すお金がなく、支払っていないというわけではないので、そのことを説明しました。

約束通りすぐに返済しない私が悪いのですが、返済が遅れたことは確かなので、遅延損害金を払いました。

友達などからお金を借りる場合などの気を付けておきたい点としては、返す期限をはっきりと決めて伝えることが最も大切で絶対条件だと思います。返せなかったことで、いつまでも借りたお金を返さないと友達から信じてもらえなくなります。私が友達にお金を貸す場合はいつも友達にお金をあげるつもりで貸しています。なので友達からお金が返されたときは「戻ってきてラッキー!」と思います。

借金は全額をそろえて約束の期日までに返すという意識が大切になります。なので遅延損害金を請求してきたキャッシング会社には感謝しなければと思います。普通は信用を失い、そこで終わる。という一番最低の所で終わってしまうからです。

お金を借りるときは、もちろん絶対期限に返すということが第一条件ですが、長期間などの場合は低金利から無理のない自分も相手にも良い条件で借りるのがよいと思います。