カードローンの無利息キャンペーンは今後も増えるのか

消費者金融を中心として行われている無利息キャンペーンは、大手消費者金融を中心に30日間無利息という形で初回限定キャンペーンを行なっています。契約成立日から起算されるか、初回借入日から起算されるかという30日間の計算方法は、消費者金融ごとに異なるものの、横並びのキャンペーンが広まっているので広告宣伝効果に疑問を持つ人もいるでしょう。しかし、金利が同じであれば迷った時に最終的には無利息キャンペーンを実施している消費者金融を選ぶ心理は、お金に困っている人ほど視野が狭くなる傾向から明らかです。

大手消費者金融としても、無利息キャンペーンを拡大する予定はほとんど無く、他社が行っているからという理由で展開していても不思議ではありません。ポイントとなるのは、大手消費者金融に申込みを行なった人の中で、実際に審査通過している人の割合が半数に満たない現状を考えれば、審査に通過した人限定で無利息期間を設けることになるので、消費者金融としては広告コストを最小限に抑えられるメリットがあります。確かに利息を30日間受け取れないデメリットが消費者金融側にはありますが、無利息期間が終わった後も利用してもらえれば利息を受け取れます。キャンペーンとして投下した費用を契約成立者以外の人に特典提供せずに済む利点が大きいわけです。