失業保険の収入ではキャッシングの審査に通らない可能性が高い理由

キャッシングを利用するには、安定した収入が欠かせません。しかし、仕事をしていなくても収入ウがある場合もあります。それは失業保険の給付です。期間限定のものですが、一応収入があり、その期間は安定していると言えるのではないでしょうか?

仕事をしていなくても、失業保険を受け取っていればキャッシングの審査に通ると思っている方もいるのかもしれませんが、現実的にはまず無理だと思った方が良いでしょう。それは失業保険は期間が決まっていることもあれば、収入自体が少ないということも理由としてあるはずです。失業保険は長くても1年とかですから、いずれ収入が途絶えることが目に見えている人に貸すのはリスクがあるということです。その間に仕事が見つかれば良いですけど、必ずそうなるとは限りません。

また、給付される金額が少ないです。生活を保証するためものとしての性質があるので、生活費に使って残る金額は少ないはずですから、返済に使えるお金がほとんどないのでは?という予測も立ちます。そういった理由から、基本的にはキャッシングにおいて失業保険は収入とは見なしてくれない可能性が高いので、審査に通る会社はほとんどないというのが現状だと思います。