キャッシング限度額について

急な出費で手元にお金がない時、キャッシングサービスはとても心強いものです。最近はスピード審査で即日融資が可能であると宣伝している所も多く見かけます。宣伝に500万円まで融資などと書かれていますが、本当にそんなに貸してくれるのか疑問に思う人もいるでしょう。

融資限度額というのは最大融資額のことで、全ての人がこれだけ借りられるわけではありません。個人によって限度額というものが設定されます。

融資限度額と深く関係するのが総量規制という法律です。貸金業法では個人の年収の1/3までしか貸し付けをしてはいけないと決まっています。ただし対象外もあり身近なところでは住宅ローンや車のローンなどがこの対象外となります。そしてこの貸金業法の規制を受けないのが銀行系のキャッシングであることも、覚えておくべきでしょう。銀行系の場合は貸金業ではないので、独自に審査基準というものがあります。

限度額は会社によって異なりますが、消費者金融の場合は200万~300万円くらい銀行系は500万円くらいが多く、中にはもっと高い金額を提示しているところもあります。とは言っても結局は個人の貸し付け限度額は別に設定されることになります。申込みをして審査の中で決まるわけです。人物の社会的、経済的なところがポイントです。融資する側は返済能力をまず見るということです。安定した収入がどれくらいあるか、他の金融機関で借入があるのか、他のところで延滞などをした経歴があるかなど信用情報機関が管理する情報によって審査されます。

最初に申し込んだ時に設定される限度額以上に借りたいと言う場合は、増額の申込みができます。総量規制対象外として緊急の医療費や社会通念上緊急性があるとされるものに支払うための貸し付けが決められており、内容に応じて判断されます。逆に返済に問題がある場合には、減額もあるので注意が必要です。