キャッシングの本人確認の手段

キャッシングで大事なのが自分についての証明です。

キャッシングといえど、借金なわけですから金融機関側としては貸し出す人についてはできる限り詳細な情報を手に入れておき、常になんらかの手段で連絡が取れる状態においておきたいというわけです。そんな中で必要となるのが本人確認書類です。

様々な生活の場面で必要となる本人確認書類ですが、必要となる水準は結構高いものです。

クレジットカードを作ったことのある人は同じような水準といえばわかってもらえるでしょう。
写真付きの身分確認書類、例えば運転免許証やパスポートならば間違いはありません。

保険証なども特に問題なく受け入れられるでしょう。
ただし一点問題となるのが住所についての記載です。

これなしでは住所が申請通りか確認する手段がありませんので、他の手段での証明が求められます。
例えば公共料金、電気ガス水道代金の請求証などが証明手段となります。

あなたがその住所にいることというのが証明されなくては貸し出しに応じてもらえないのです。
もちろん運転免許証なんかも引越しで住所が変わっているのにも関わらず裏書きなどで変更が明記されていない場合は証明書類としては不十分です。

この場合も公共料金の請求証などを同時に提出して証明に利用しなくてはなりません。

金融関係の証明はいつも厳密に行われますが、本人確認の場合は当人の住所と個人情報を結びつけるものとされるので、間違いなく用意できなくてはなりません。

無人契約機でお金を借りる