奨学金の返済中は過剰融資に注意が必要!

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングローンにおいて、返済不能となってしまう方は一定数います。この際、一番言われる事は過剰な借り入れが指摘されます。

ですが、最近では銀行カードローンの過剰融資が問題となり、自己破産や債務整理を行うことも少なくはありません。

しかしながら、大学や専門学校を卒業し、借り入れが必要になるケースは給与所得が低い今日では常態化しています。

ここで特に注意が必要なのは奨学金を返済している方です。奨学金も個人信用情報に登録されるものの延滞を3ヶ月以上した場合です。

つまり、延滞が無ければ個人信用情報には契約情報が登録されないため、金融機関は借金を把握できません。

結果、収入に見合わない利用限度額が設定され、過剰融資のリスクが生じてしまいます。

そのため、申し込みする際は、安易に提示された限度額で契約しないことが自己防衛では重要です。

返済で大切なこと

私は毎月キャッシングで借りているお金を返済しています。

ある先日の事、口座に入金するのを忘れてしまい、キャッシング会社の方から連絡がありました。もちろん口座に入金していないので、借りているお金の返済についての確認の内容でした。私も返すお金がなく、支払っていないというわけではないので、そのことを説明しました。

約束通りすぐに返済しない私が悪いのですが、返済が遅れたことは確かなので、遅延損害金を払いました。

友達などからお金を借りる場合などの気を付けておきたい点としては、返す期限をはっきりと決めて伝えることが最も大切で絶対条件だと思います。返せなかったことで、いつまでも借りたお金を返さないと友達から信じてもらえなくなります。私が友達にお金を貸す場合はいつも友達にお金をあげるつもりで貸しています。なので友達からお金が返されたときは「戻ってきてラッキー!」と思います。

借金は全額をそろえて約束の期日までに返すという意識が大切になります。なので遅延損害金を請求してきたキャッシング会社には感謝しなければと思います。普通は信用を失い、そこで終わる。という一番最低の所で終わってしまうからです。

お金を借りるときは、もちろん絶対期限に返すということが第一条件ですが、長期間などの場合は低金利から無理のない自分も相手にも良い条件で借りるのがよいと思います。