女性にも配慮もされているキャッシング

どうしてもお金が必要という場合にはキャッシングを利用することもひとつの手段ですが、女性の場合はまわりに知られてしまうのではという不安からなかなか申し込みづらいものでもあります。

そんな方のために大手消費者金融をはじめとした金融機関には女性専用ダイヤルを設置している会社もあります。

女性専用ダイヤルでは電話の向こうで受け答えをしてくれるオペレーターもすべて女性が対応し、キャッシングに関する相談や質問に答えてくれます。

職種にかかわらず女性が働く場所が増え、主婦の方でも収入があればキャッシングが可能な金融機関は少なくないので、女性というだけでキャッシングに無縁であること感じている方はまず相談をしてみることで悩みが解決するかもしれません。

自動契約機でのキャッシング申込みは現象している

自動契約機コーナーを持っている金融業者は、大手消費者金融が大半です。一部銀行カードローンでも自動契約機を設置している銀行がありますが、消費者金融からの業態転換を行なった銀行に限られています。窓口申込が減少している状況下では、自動契約機コーナーでの申込数が多いと考えがちです。しかし、インターネットが普及していることから、PCやスマートフォン経由で申込み手続きを行なって、審査に通過してから専用ローンカードの受け取り目的で自動契約機コーナーを利用すれば、待ち時間を大幅に短縮可能です。

自動契約機コーナーの営業時間を確認すると、8時または9時から20時や21時迄というブースが多いわけですが、審査可能時間が別途設定されていることに注意が必要です。自動契約機コーナーが開いていても、審査部署が稼働している時間帯のみ直接申込みが可能となっているので、事前に自動契約機コーナーごとの営業時間を探しているくらいならば、そのままインターネット経由で申込み手続きを行なってしまった方が良いでしょう。審査に通過した段階で、自動契約機コーナーへ行けば、じっくり設置場所を調べてから出向くことが出来ます。自動契約機コーナーでは、キャッシング審査結果が出るまでに時間がかかるので、その間カメラ越しに審査担当者から観察されていることを考えると、あまり良い気分はしないでしょう。

パート主婦がキャッシングを利用して思うこと

当初、私は消費者金融から資金を借り入れることを心配していましたが、実際に使ってみるとそれほど心配することもなくキャッシングの使用をすることができています。消費者金融の良いと感じるところは、私のようなパートタイムで働く主婦でもお金を借りることができるということです。お金を借りることはできますが、借り入れ限度額がありますので、借りたいと思ってもそんなに沢山のお金を借りることはできません。私の場合、借入限度額は10万円です。

正社員として働いている人は、借り入れ限度額が大きいようですが、私に対しても10万円も貸してくれることを光栄に思っています。ところで、私は消費者金融のプロミスを使用しています。プロミスには女性専用のカードローンがあるので、私も申し込んでみたのです。私は本当に必要なときにだけ、必要な金額だけを借りるように常に注意しています。そして、私はいつも一括して借りたお金を返済しています。この方法で利息を最小限に抑えることができます。消費者金融からお金を借りることで多くの人が不安を感じていると思いますが、慎重に使っていけば自信を持って使うことができるサービスだと思います。絶対にお金が必要な場合はお金をキャッシングで借りても良いと考えています。

キャッシングは返済を第一に考える

カードローンやキャッシングを利用する上で大切な事の一つに使いすぎない事が挙げられます。特に非常に便利で簡単に利用できるカードローンは、簡単に利用出来るので借金という感覚がない方も多いようです。使いすぎると後々返済が難しくなってしまう場合もあるので、しっかりと管理しながら利用を考えましょう。その為にはカードローンの利用を自分で限定する事をお勧めします。ちょっとした買い物などには利用せずに緊急の困った時にだけ利用する事が出来ると決めておくと良いでしょう。

また利用したい場合はなるべく返済を急ぐ事も大切です。返済が長引くほど利息を支払う事になるので、返済額をなるべく少なくする利用を考えるようにしましょう。またリボ払いなどは便利な反面、請求額が一定になっているので、どのくらい利用残高があるのか分からない状態になっている場合もあります。それは返済していく中で問題になるので、なるべくリボ払いは利用しない方が良いでしょう。もちろん返済がどうしても厳しい場合は役立つサービスなので状況に合わせた利用をお勧めします。このようにキャッシングやカードローンを利用する場合は、返済を第一に利用していく事が大切です。借金だという事を理解して上手に利用していきましょう。

三井住友銀行グループの傘下の入っているプロミスとモビットの特徴について

大手消費者金融の中で三井住友銀行グループの傘下の入っているのがプロミスとモビットになります。どちらも有名な消費者金融なので利用者も多いのが特徴ですが、実際にどちらを利用すればいいのか分からなくなってしまう事もあります。そこでプロミスとモビットのそれぞれの特徴について見ていく事にしましょう。

・プロミスは最短1時間で融資可能になりサービス面も充実している

プロミスは消費者金融の中でも融資スピードが優れていて申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。早くお金を借りたい人はプロミスを利用した方がいいです。またプロミスは最短10秒で指定の口座に振り込んでもらえる瞬フリや初めて利用する時の無利息サービスが適用されるなどサービス面が充実しているのも特徴です。

・モビットはWEB完結で申し込むと電話での在籍確認を回避する事が出来る

モビットは無利息サービスがなしなどプロミスと比較するとサービス面で劣っている印象がありますが、WEB完結で申し込む事が出来るので便利に利用する事が出来ます。またWEB完結で申し込むと電話での在籍確認を回避する事が出来るので職場に電話がかかってくるという心配をする必要がなくなります。心理的な事を考えるとモビットの方が利用しやすいとも言えます。

ノーローンの1週間無利息サービスについて

新生銀行グループの消費者金融であるノーローンでは、契約の際に特別な要件などを満たしていなくても、1週間無利息でキャッシングができるサービスが有り、短期間の借入であれば誰もがお得に行うことができます。この1週間の無利息キャッシングの詳細はどのようになっているのでしょうか。

無利息キャッシングのポイントを簡潔にまとめますと、

・初回借り入れを行った場合、その即日から7日間は無利息となる

・初回借り入れ時以外にも、全額返済を行った翌月には再び無利息サービスが復活

となっています。

最も大きな特徴と言えるのが、無利息キャッシングは1回だけではなく、全額返済を行った場合には翌月にも再び1週間無利息キャッシングができるという点にあります。ノーローン以外にも大手消費者では一定期間無利息キャッシングができるサービスを実施していますが、何度でも無利息キャッシングができるのはノーローンだけとなっています。

他の消費者金融では無利息期間30日間となっていることが多い中、1週間という期間は短く感じられますが、何度でも無利息キャッシングができるのは大きな強みとなります。給料日前に金欠になってしまうことが多いという人にノーローンのキャッシングサービスは向いていると言っても過言ではないでしょう。

カードローンの良いところを知ること

カードローンのカードは一枚くらいは財布に忍ばせておくとよいでしょう。そうすることによって、いざと言う時の資金源にすることができるようになります。カードローンというのは、最初に限度額を決めてもらうことになります。

そして、その範囲内であれば何度でも借り入れが可能です。これが極度方式貸付という方式であり、非常にお勧め出来るやり方です。いざという時に本当に助かることになりますから、一枚くらいは発行してもらっておくとよいでしょう。

いくらでもカードローン会社がありますから、少しでも金利が低いところから借りたほうが良いでしょうから、まずは比較したほうがよいです。そうすることによって、少しでも得をすることができるようになります。焦ることはないです。本当にお金が借りたいときにはすぐにでも借りたほうがよいです。

その為には事前に発行してもらっておいたほうがよいわけです。ですから、事前によく調べておいて、少しでも条件が良いカードローン会社を活用できるようにしておいたほうが自分の為になります。特に発行手数料とか維持費がかかるようなところは今ではなくなっていますから、そうした維持コストはありませんから心配無用です。