パート主婦がキャッシングを利用して思うこと

当初、私は消費者金融から資金を借り入れることを心配していましたが、実際に使ってみるとそれほど心配することもなくキャッシングの使用をすることができています。消費者金融の良いと感じるところは、私のようなパートタイムで働く主婦でもお金を借りることができるということです。お金を借りることはできますが、借り入れ限度額がありますので、借りたいと思ってもそんなに沢山のお金を借りることはできません。私の場合、借入限度額は10万円です。

正社員として働いている人は、借り入れ限度額が大きいようですが、私に対しても10万円も貸してくれることを光栄に思っています。ところで、私は消費者金融のプロミスを使用しています。プロミスには女性専用のカードローンがあるので、私も申し込んでみたのです。私は本当に必要なときにだけ、必要な金額だけを借りるように常に注意しています。そして、私はいつも一括して借りたお金を返済しています。この方法で利息を最小限に抑えることができます。消費者金融からお金を借りることで多くの人が不安を感じていると思いますが、慎重に使っていけば自信を持って使うことができるサービスだと思います。絶対にお金が必要な場合はお金をキャッシングで借りても良いと考えています。

キャッシングは返済を第一に考える

カードローンやキャッシングを利用する上で大切な事の一つに使いすぎない事が挙げられます。特に非常に便利で簡単に利用できるカードローンは、簡単に利用出来るので借金という感覚がない方も多いようです。使いすぎると後々返済が難しくなってしまう場合もあるので、しっかりと管理しながら利用を考えましょう。その為にはカードローンの利用を自分で限定する事をお勧めします。ちょっとした買い物などには利用せずに緊急の困った時にだけ利用する事が出来ると決めておくと良いでしょう。

また利用したい場合はなるべく返済を急ぐ事も大切です。返済が長引くほど利息を支払う事になるので、返済額をなるべく少なくする利用を考えるようにしましょう。またリボ払いなどは便利な反面、請求額が一定になっているので、どのくらい利用残高があるのか分からない状態になっている場合もあります。それは返済していく中で問題になるので、なるべくリボ払いは利用しない方が良いでしょう。もちろん返済がどうしても厳しい場合は役立つサービスなので状況に合わせた利用をお勧めします。このようにキャッシングやカードローンを利用する場合は、返済を第一に利用していく事が大切です。借金だという事を理解して上手に利用していきましょう。

三井住友銀行グループの傘下の入っているプロミスとモビットの特徴について

大手消費者金融の中で三井住友銀行グループの傘下の入っているのがプロミスとモビットになります。どちらも有名な消費者金融なので利用者も多いのが特徴ですが、実際にどちらを利用すればいいのか分からなくなってしまう事もあります。そこでプロミスとモビットのそれぞれの特徴について見ていく事にしましょう。

・プロミスは最短1時間で融資可能になりサービス面も充実している

プロミスは消費者金融の中でも融資スピードが優れていて申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。早くお金を借りたい人はプロミスを利用した方がいいです。またプロミスは最短10秒で指定の口座に振り込んでもらえる瞬フリや初めて利用する時の無利息サービスが適用されるなどサービス面が充実しているのも特徴です。

・モビットはWEB完結で申し込むと電話での在籍確認を回避する事が出来る

モビットは無利息サービスがなしなどプロミスと比較するとサービス面で劣っている印象がありますが、WEB完結で申し込む事が出来るので便利に利用する事が出来ます。またWEB完結で申し込むと電話での在籍確認を回避する事が出来るので職場に電話がかかってくるという心配をする必要がなくなります。心理的な事を考えるとモビットの方が利用しやすいとも言えます。

ノーローンの1週間無利息サービスについて

新生銀行グループの消費者金融であるノーローンでは、契約の際に特別な要件などを満たしていなくても、1週間無利息でキャッシングができるサービスが有り、短期間の借入であれば誰もがお得に行うことができます。この1週間の無利息キャッシングの詳細はどのようになっているのでしょうか。

無利息キャッシングのポイントを簡潔にまとめますと、

・初回借り入れを行った場合、その即日から7日間は無利息となる

・初回借り入れ時以外にも、全額返済を行った翌月には再び無利息サービスが復活

となっています。

最も大きな特徴と言えるのが、無利息キャッシングは1回だけではなく、全額返済を行った場合には翌月にも再び1週間無利息キャッシングができるという点にあります。ノーローン以外にも大手消費者では一定期間無利息キャッシングができるサービスを実施していますが、何度でも無利息キャッシングができるのはノーローンだけとなっています。

他の消費者金融では無利息期間30日間となっていることが多い中、1週間という期間は短く感じられますが、何度でも無利息キャッシングができるのは大きな強みとなります。給料日前に金欠になってしまうことが多いという人にノーローンのキャッシングサービスは向いていると言っても過言ではないでしょう。

キャッシングの利用で工夫していること

思いもしなかった出費が重なってしまい生活費に回せるお金が心細く感じるようになったのでパートの帰りに銀行のATMに立ち寄ってキャッシングで少しお金を借りてきました。銀行のATMを利用しましたが、お金を借りたのは消費者金融のキャッシングでした。

コンビニのATMも利用できるのですが、私が契約している消費者金融では提携している銀行のATMが手数料無料で使えるようになっています。少しでもお金は節約したいと思っているので、キャッシングを使うときは私はいつも銀行のATMを利用するようにしています。そんなに多くキャッシングを利用しているわけではありませんが、利用回数が増えるとATMの手数料も無関心ではいられないほど大きくなってしまうものです。そのため、手数料が無料で使えるのに越したことはないと思っています。

それに、銀行のATMを利用すれば、私が自分の口座からお金をおろしていると誰もが思うことでしょう。誰も私が消費者金融のキャッシングでお金を借りているとは思わないはずです。こういったことも気分的に楽なので私は銀行のATMをいつも利用するようにしています。これからも私にとって少しでも有利になるようキャッシング利用を工夫していきたいと思っています。

カードローンの良いところを知ること

カードローンのカードは一枚くらいは財布に忍ばせておくとよいでしょう。そうすることによって、いざと言う時の資金源にすることができるようになります。カードローンというのは、最初に限度額を決めてもらうことになります。

そして、その範囲内であれば何度でも借り入れが可能です。これが極度方式貸付という方式であり、非常にお勧め出来るやり方です。いざという時に本当に助かることになりますから、一枚くらいは発行してもらっておくとよいでしょう。

いくらでもカードローン会社がありますから、少しでも金利が低いところから借りたほうが良いでしょうから、まずは比較したほうがよいです。そうすることによって、少しでも得をすることができるようになります。焦ることはないです。本当にお金が借りたいときにはすぐにでも借りたほうがよいです。

その為には事前に発行してもらっておいたほうがよいわけです。ですから、事前によく調べておいて、少しでも条件が良いカードローン会社を活用できるようにしておいたほうが自分の為になります。特に発行手数料とか維持費がかかるようなところは今ではなくなっていますから、そうした維持コストはありませんから心配無用です。

楽天銀行スーパーローンはパートやアルバイトでも申し込み可能

銀行のカードローンは総量規制対象外のカードローンでもあるので、年収による借入額の制限もありませんし、金利も消費者金融のカードローンと比べて低く設定されていることが殆どで非常に使いやすいカードローンとなっています。

その一方で銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンと比べると申込の際の手続きが煩雑であったり、申込の条件が厳しかったりするので消費者金融のカードローンよりも気軽に申し込みができないという側面があるのもまた事実です。

しかし大手ネット銀行の楽天銀行のカードローンである楽天銀行スーパーローンなら、銀行のカードローンのメリットと消費者金融のカードローンのメリットの両方のメリットを合わせて持っているので、多くの人におすすめできるカードローンとなっています。

楽天銀行スーパーローンは、ネット銀行の強みを活かした商品設計で、金利は年4.9%?14.5%と低く抑えられていますし、最大限度額は500万円と高めに設定されています。また正社員ではないパートやアルバイトでも申し込みが可能となっているので、多くの人が申込の対象となっているのです。

もちろんインターネットでの契約手続きができるので、忙しくて銀行の窓口へいけない人でも気軽に申し込みができます。

失業保険の収入ではキャッシングの審査に通らない可能性が高い理由

キャッシングを利用するには、安定した収入が欠かせません。しかし、仕事をしていなくても収入ウがある場合もあります。それは失業保険の給付です。期間限定のものですが、一応収入があり、その期間は安定していると言えるのではないでしょうか?

仕事をしていなくても、失業保険を受け取っていればキャッシングの審査に通ると思っている方もいるのかもしれませんが、現実的にはまず無理だと思った方が良いでしょう。それは失業保険は期間が決まっていることもあれば、収入自体が少ないということも理由としてあるはずです。失業保険は長くても1年とかですから、いずれ収入が途絶えることが目に見えている人に貸すのはリスクがあるということです。その間に仕事が見つかれば良いですけど、必ずそうなるとは限りません。

また、給付される金額が少ないです。生活を保証するためものとしての性質があるので、生活費に使って残る金額は少ないはずですから、返済に使えるお金がほとんどないのでは?という予測も立ちます。そういった理由から、基本的にはキャッシングにおいて失業保険は収入とは見なしてくれない可能性が高いので、審査に通る会社はほとんどないというのが現状だと思います。

返済で大切なこと

私は毎月キャッシングで借りているお金を返済しています。

ある先日の事、口座に入金するのを忘れてしまい、キャッシング会社の方から連絡がありました。もちろん口座に入金していないので、借りているお金の返済についての確認の内容でした。私も返すお金がなく、支払っていないというわけではないので、そのことを説明しました。

約束通りすぐに返済しない私が悪いのですが、返済が遅れたことは確かなので、遅延損害金を払いました。

友達などからお金を借りる場合などの気を付けておきたい点としては、返す期限をはっきりと決めて伝えることが最も大切で絶対条件だと思います。返せなかったことで、いつまでも借りたお金を返さないと友達から信じてもらえなくなります。私が友達にお金を貸す場合はいつも友達にお金をあげるつもりで貸しています。なので友達からお金が返されたときは「戻ってきてラッキー!」と思います。

借金は全額をそろえて約束の期日までに返すという意識が大切になります。なので遅延損害金を請求してきたキャッシング会社には感謝しなければと思います。普通は信用を失い、そこで終わる。という一番最低の所で終わってしまうからです。

お金を借りるときは、もちろん絶対期限に返すということが第一条件ですが、長期間などの場合は低金利から無理のない自分も相手にも良い条件で借りるのがよいと思います。

キャッシングの限度額の設定のコツ

キャッシング会社でお金を借りるときに、必ずネックになるのが「限度額」です。

利用するときにはお金を工面するために必死ですからあまり気にならないものですが、

しばらくすると、すぐに限度額に達してしまって困るという声が結構上がります。

それは、一方でキャッシングが利用しやすいということの表れでもあります。

特に最近キャッシングを始めた若い人の場合には融資限度額が10万円程度ですから、

すぐに限度額がいっぱいになってしまうことでしょう。そんな時には複数の会社をかけもちして使うのが一般的です。

しかし、それでは返済をするときにそれぞれの会社の返済日を計算しておいたり、毎月どれくらいの額を銀行に置いておけば良いかを忘れてしまったりと、意外に面倒です。

なので、収入が上がってきたら、キャッシング会社は1社だけに絞って限度額を高く設定するように会社側へ申請すると良いでしょう。

また、キャッシングを使いすぎるのが心配という方もいらっしゃると思います。そういう場合にはあえて10万円の限度額に設定しておいて、そのなかでお金を借りるという風に限度額を逆手にとって利用するという方法もあります。

利便性と自分のライフスタイルに合わせて限度額を設定することによって、今まで以上にキャッシングの使い道が広がっていきます。

限度額を増やす場合には、多くのキャッシング会社ではホームページでワンクリックで申し込みができるようになっています。

審査はありますが、申し込みのときのような厳しいものではありませんので安心です。